つくば市 芸術文化応援プロジェクト


つくば市の芸術文化応援プロジェクトに、オリジナルファブリックブランド[Chikka-Colline]の新作を出品しています。


 ・つくば市の花「ホシザキユキノシタ」/タオルハンカチと風呂敷  ・つくば市の鳥「ふくろう」が隠れている、トナカイ/タオルハンカチとブランケット


クラウドファウンディングでは、つくば市のアーティストを紹介しています

私もご紹介いただきました

良かったらご覧ください▶︎CHIKAKO HANAWAの紹介ページ


今取り組んでいる芸術文化振興のためのイベント「Xmas Town」について、少し触れています。


Xmas Townを始めたのは2017年

鉾田市の芸術文化振興事業の企画公募に、応募したことからスタートしました。

母が、地域の文化イベントに色々と関わっていた関係で、その企画に応募がなく困っているという話が回ってきて、最終的に私が企画を出すことになった・・・という経緯です。


母が音楽教室・カルチャースクールの運営をしていた関係で、私も鉾田市で小さな演奏会やライブイベントをやっていました。

とても小さなマルシェもやったことはありました。


鉾田市は私の出身地です。

しかし今現在、私はつくば市在住で鉾田市へは車で一時間強、かかります。


地域のイベントを地元に住んでいない私が出来るのかと悩み、最初は断りました。

しかし、色々あってやることに決めたのです


やると決めた最初の1回目は、日々かりめろとして活躍しているプロデューサー菊池さんに相談をし、1から色々教えてもらいました。今でも何かあればアドバイスもらったり助けていただいてますが、この時はとにかく本当に、お世話になりました。

どうにか開催できたのは、菊池さん、ギタリスト山田よしおさん、私の同級生、以前勤めていた会社の同僚、そして母が築いてきた地元の人脈のおかげです


これほど大変なものかと思いました。


でも、当日多くの人に喜んでもらえるのがわかって嬉しかった。

だから2年目も頑張ろうと思いました。


2年目には、さらに1年目からメインビジュアルで協力してくれていたRIKAチョークアート工房、水戸の子育て応援ペンギンクラブの代表をしている方にも、とても力になっていただきました。

鉾田の方々が1年目よりも関わってくれるようになったと思います

本当に大変でしたが、2年目もイベントは大盛況でした。


それなのに、なぜ鉾田市で続けずにつくば市になったのか・・・。

色々な事情があります。意味もあります。

多くの人に伝えることはしませんでしたが、深く関わっていただいた方には説明しました



3年目のつくば市でもたくさんの人に喜んでもらえたと思いました。

このまま、つくば市で毎年Xmas Townを開催できるかもしれない、そう思っていた矢先に新型コロナウイルス。


今回は、クラフトマーケットとミュージックフェスティバルは出来なくなってしまいました。

やらない方が安全のために良いとも思いましたが、悩みに悩み、形は違ってもやろうという思いに至ったわけです

どれだけの賛同を得られるかわからず不安も多く、動き出すのに時間かかりました。


同じことが出来ないという状況は、新しい事に取り組むチャンスでもある。

そういう気持ちを持って、また今年もXmas Townに取り組むことに決めました。



春の頃には前向きな意見も少なく私も自信が持てず、悩みました

それでも、話を聞いてくれて意見をくれるメンバーがいて、だからこそ企画を考え続けることが出来ました。

いずれ、そのメンバーもご紹介したいと思っています。


そんな今年のXmas Townについて、詳細はこちらをご覧ください▶︎Xmas Town2020




つくば市の芸術文化応援プロジェクトでは、様々なアーティストさんを知ることもできます

是非、全てのアーティストさんを見てみてほしいと思います

詳しくはこちら▶︎芸術文化応援プロジェクト

★クラウドファウンディングは10月5日まで。あと残りわずかです。

 よかったらご支援をお願いいたします▶︎芸術文化応援プロジェクト


★Chikka-Collineの新作詳細はWorksをご覧ください▶︎こちら



画像は、掲載いただいた紹介記事より。

※1枚目・・・Xmas Town2019のステージの様子

※2枚目・・・ジャズヴォーカリスト星野由美子さんのご依頼で2019年に制作したシール

※3枚目・・・Chikka-Collineのタオルハンカチ、見返り三毛猫シリーズ


9回の閲覧

Copyright© 2018  Design Saku All Rights Reserved.